祇園祭の誉ののぼり

のぼり旗は販売店で既製品を購入する事も出来ます

のぼり旗を使用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず一つには費用が安いという事があります。大きさや生地の種類などによっても変わりますが、多くの販売店でレギュラーサイズとされる縦1800ミリ幅600ミリのもので、安ければ大体1000円前後で購入できます。また旗を設置する時に使うポールは安い物で一本当たり300円前後ですし、スタンドも安ければ一つ1000円しません。
のぼり旗は消耗品なので頻繁に取り替える事になるのですが、ポールやスタンドはそのまま使えるので、一度一式買ってしまえばその後のコストはさらに低くなります。また設置がしやすいというのものぼり旗のメリットです。薄い布地と細いパイプというシンプルな構造なので組み立てるのも簡単ですし、軽量なので設置場所への移動も速やかに行えます。スタンドがあればどこにでも設置する事が出来るので、状況に応じてのぼり旗を置く場所を変える事も自在にできます。また撤去する際にも特別な道具は必要なく、短時間で片づける事が可能で手間が掛かりません。
さらにのぼり旗のメリットとして、既製品が販売されているという事もあります。看板等はほぼオーダーしかありませんが、のぼり旗は販売店で購入する事が出来ます。屋台やレストランなどのぼり旗がよく使われる場面に関しては、複数の製品が用意されているので、急遽必要になった場合などでもすぐに用意することが出来ます。

最新の情報

最新記事一覧

Top